nginx

説明

nginxをロードバランサーとして活用するための基本的な手順です。

設定

# cd /etc/nginx/
# cp -p nginx.conf nginx.conf.`date +%Y%m%d`
# vi nginx.conf
---
http {
   #ロードバランサー設定
   upstream backend1 {                                <-- backendの箇所は任意。proxy_pathで指定する。
            server 192.168.100.100:80;
            server 192.168.100.101:80;
   }
---
# cd conf.d
# cp -p default.conf default.conf.`date +%Y%m%d`
# vi default.conf
---
server{
    proxy_set_header Host            $host;
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for; # クライアントの IP アドレス
    proxy_set_header X-Forwarded-Host $host; # オリジナルのホスト名。クライアントが Host リクエストヘッダで渡す。
    proxy_set_header X-Forwarded-Server $host; # プロキシサーバのホスト名
    proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;

    location / {
       #root   /usr/share/nginx/html;
       #index  index.html index.htm;
       proxy_pass http://backend1;
   }
# service nginx configtest
# servcie nginx reload

バックエンドのサーバーのapacheのログ設定

# cd /etc/httpd/conf
# cp -p httpd.conf httpd.conf.`date +%Y%m%d`
# vi httpd.conf
---
#LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\" %{X-Forwarded-For}i" combined
---
# service httpd configtest
# service httpd graceful

バックエンドのサーバーのnginxのログ設定

# vi /etc/nginx/conf.d/realip.conf
set_real_ip_from   (リバースプロキシの IP アドレス);
real_ip_header     X-Forwarded-For;
# service nginx reload

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-17 (月) 20:16:06