Jenkins

前提条件

  • Jenkinsとgitの連携が完了している必要があります
    • ビルドを実行してgit cloneできている状態を指します

事前準備(Jenkins側の設定)

  1. 対象のプロジェクト名をクリックする
  2. 「設定」リンクをクリックする
  3. 「ビルド・トリガ」の「リモートからビルド」にチェックを入れる
    1. 「認証トークン」に任意のトークン名を入力します。例:testtoken1
      1. セキュリティを有効化している場合にのみ必要です

Git側の設定

$ cd 対象リポジトリ/hooks/
$ cp -p post-update.sample post-update
$ chmod u+x post-update
$ vim post-update
---
wget --spider --auth-no-challenge --http-user=ユーザー名 --http-password=パスワード http://JenkinsのURL/job/ジョブ名/build?token=上記で設定したトークン名&cause=git-push
---

テスト

git push実行後下記のようなログが出てエラーがでなければJenkinsのビルドが実行されます。

remote: スパイダーモードが有効です。リモートファイルが存在してるか確認します。
remote: --2016-01-06 13:57:57--  http://jenkinsのホスト名/job/Git-test/build?token=トークン名
remote: jenkinsのホスト名 をDNSに問いあわせています... jenkinsIPアドレス
remote: jenkinsのホスト名|jenkinsIPアドレス|:8080 に接続しています... 接続しました。
remote: HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 201 Created
remote: 長さ: 0
remote: リモートファイルが存在し、さらなるリンクもあり得ますが、再帰が禁止されています -- 取得しません。

参考URL

http://kkurahar.github.io/blog/2013/03/14/git-postupdate-jenkins/


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-06 (水) 14:01:05 (1348d)