firewalld

説明

firewalldで自分用のオリジナルのテンプレートを使用してみたい場合の手順です。

手順

現在有効になっているzoneを確認する。

# firewall-cmd --get-active-zone
public
  eth0
# cd /etc/firewalld/zones/

publicをコピーしてオリジナルxmlファイルを作成する。※/etc/firewalld/zone配下のxmlファイルはfirewalldを再読み込みすると、自動的に有効になる。

# cp -p public.xml inamuoriginal.xml
# vim original.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<zone>
 <short>original</short>
 <description>original</description>
</zone>

42222番ポートを開ける。

# firewall-cmd  --permanent --zone=original --add-port=42222/tcp
success

IPアドレス123.456.789.101からの接続を許可する。

 # firewall-cmd  --permanent --zone=original --add-sources=123.456.789.101
# firewall-cmd --reload
# firewall-cmd --state
running
# systemctl status firewalld

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-14 (火) 18:11:26 (1524d)