Linuxコマンド

概要

ddコマンドを使用することで、ファイルの書き込みが出来ます。
性能テストなども可能です。

コマンド

# dd if=/dev/zero of=/tmp/test01.dd.txt bs=1M count=10
if  <-- インプット元。空ファイルの場合はゴミ箱である/dev/zeroを指定する
of  <--アウトプット先。どこでも良いが容量が空いているとこを探す。
bs  <--ブロックサイズ。1Mで1メガバイト。
count  <--個数。bsで1Mにして、countを10にすると10MBのファイルが作成される。

dd コマンドで Linux のキャッシュを使わずに読み書きする

読み込みは 'iflag=direct'オプション、書き込みは 'oflag=direct'オプション を指定する。
性能テスト等で使用する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-12 (土) 14:55:56 (1960d)