Zabbix

対象Zabbixサーバーバージョン

2.2系

事前準備(Slack)

webhook用のURLを取得しておく。

Zabbixサーバー側設定

# cd /etc/zabbix
# cp -p zabbix.conf zabbix.conf.`date +%Y%m%d`
--- 
+ AlertScriptsPath=/usr/lib/zabbix/alertscripts
---
# service zabbix-server restart

スクリプト

curlでAPIに沿って書けば通知内容をカスタマイズ可能ですが、下gitにテンプレートになるようなスクリプトがあるのでそちらを活用します。
# cd /usr/lib/zabbix/alertscripts
# git clone https://github.com/ericoc/zabbix-slack-alertscript
# cp -p zabbix-slack-alertscript/slack.sh .
# vim slack.sh
---
url=ここに最初に取得したslackのwebhookのURLを記載
username=ここにはSlackの通知時に利用されるbot名を任意で入力。例:Zabbix
あとは適当に.
---
# chmod u+x slack.sh
# sh -x slack.sh     <--テスト
↑これで通知されたらOK

zabbixの管理画面側の設定

  1. ユーザーの追加
  2. メディアで「slack」を追加

あとは利用環境に応じて設定


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-14 (木) 11:39:42 (1940d)