Zabbix

説明

分散監視や、踏み台サーバーを使用してサーバーを監視する際にプロキシ(Proxy)サーバーへのZabbix Proxyのインストール手順です。※rpmでインストールすることを前提としています。

手順

[参考URL]http://kakakikikeke.blogspot.jp/2012/08/zabbixzabbix-proxy.html

# yum install OpenIPMI-libs net-snmp unixODBC
# wget http://pkgs.repoforge.org/fping/fping-3.9-1.el6.rf.x86_64.rpm
# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-get-2.2.7-1.el6.x86_64.rpm
# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-proxy-2.2.7-1.el6.x86_64.rpm
# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-proxy-sqlite3-2.2.7-1.el6.x86_64.rpm

上記パッケージのバージョンについては、利用しているZabbixサーバーのバージョンに合わせる。
 
# rpm -ivh zabbix-proxy-*   <--*で同時に実行しないとインストールできない。
# mkdir /var/lib/sqlite3
# sqlite3 /var/lib/sqlite3/zabbix-proxy.sqlite3
# chown -R zabbix:zabbix /var/lib/sqlite3
# cd /var/lib/sqlite3
# sqlite3 zabbix-proxy.sqlite3 < /usr/share/doc/zabbix-proxy-sqlite3-2.2.7/create/schema.sql
# sqlite3 zabbix-proxy.sqlite3
SQLite version 3.6.20
Enter ".help" for instructions
Enter SQL statements terminated with a ";"
sqlite> .tables
※テーブル一覧が表示されればOK
# cd /etc/zabbix/
# cp -p zabbix_proxy.conf zabbix_proxy.conf.`date +%Y%m%d`
# vi zabbix_proxy.conf
---
# ProxyMode=0
ProxyMode=1

#Server=127.0.0.1
Server=192.168.100.100   <--Zabbix監視サーバーのIPアドレス

#Hostname=Zabbix proxy
Hostname=hogehoge-proxy01  <--Zabbix Proxyサーバーのホスト名

#DBName=zabbix_proxy
DBName=/var/lib/sqlite3/zabbix-proxy.sqlite3

# Timeout=3
Timeout=10
---
# /etc/init.d/zabbix-proxy start
Starting Zabbix proxy:                                     [  OK  ]
# /etc/init.d/zabbix-proxy status
zabbix_proxy (pid 14636 14635 14634 14633 14632 14631 14630 14629 14628 14627 14626 14625 14624 14623 14622 14621 14620 14619 14618 14617 14616 14615 14614 14612) を実行中...
# chkconfig zabbix-proxy on

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-09 (木) 12:13:05 (1529d)