BIND

TXTレコードについて

SenderIDの書き方

IN TXT "v=spf1 a:example.com ~all"
※SPFのバージョン1という宣言。現在2まで出ているが1で互換性あり。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/gallu/20080319/p2#c

パラメータ意味

+ pass			マッチした場合、認証成功とする
- Fail				マッチした場合、認証失敗とする
~ SoftFail  マッチした場合、認証失敗だけど容認する
? 非公開 

ip4:**** IPアドレスでチェック
ip6:**** IPv6のアドレスでチェック
all 全ての対象にクオリファイヤが有効。一般的に最後に書く

255byte制限

ran out of space

named-checkzoneを実行した際に、上記エラーが表示された場合は、255byte制限に引っかかっている可能性があります。
この場合は括弧→()で括ることで回避可能です。

例 
TXT  ( "v=spf1 a mx"
           " ip4:100.101.102.103"
           " ip4:100.101.103.0/24"
           " include:inamuu.com
           " ~all"

※最初のダブルクォートの後に空白を必ず入れる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-23 (金) 17:52:24 (1804d)