Ruby

環境

  • MacOS 10.14.2
  • brewが使える
  • rbenvが使える
  • Rubyは2.5.Xでやる
  • Railsは5.2.0
  • rbenvでRubyバージョンを指定する
  • brewで入れたMySQLを使う(MacでMySQLを動かす)

指定したバージョンのRubyをインストールする

ruby-buildをアップグレードして最新のRubyをインストールできるようにする

brew upgrade ruby-build

rbenvで特定のRubyをインストールする

rbenv versions
rbenv install --list
rbenv install 2.5.1

アプリケーションを作成するディレクトリへ移動して、Rubyのバージョンを指定する

rbenv local 2.5.1

Railsをセットアップする

bundlerをインストールする

gem install bundler

Gemfileを作成する

source "https://rubygems.org"

gem "rails" , '~> 5.2.0'

bundlerを使ってRailsをインストールする

bundle install --path vendor/bundle

bundle execでRailsのプロジェクトを作成する

bundle exec rails new . -B -d mysql --skip-turbolinks --skip-test

残りのgemをインストールする

bundle install

もしbundle install時にmysql2でコケたら

下記を実行して、再度bundle installする

bundle config --local build.mysql2 "--with-ldflags=-L/usr/local/opt/openssl/lib --with-cppflags=-I/usr/local/opt/openssl/include"

MacでMySQLを起動する

brew servicesを使ってMySQLを起動する(これは最初にやったほうが効率が良さそう)

brew services list
brew services start mysql

DBを作成する

DBを作成する

bundle exec rake db:create:all

Railsを起動する

bundle exec rails s

ブラウザで http://localhost:3000へアクセスする `Yay! You’re on Rails!`と表示されればOK.

Git管理する

.gitignoreを作成してvendor配下は除外する

vim .gitignore

下記を追記する(rails newしたときに.gitignoreが追加されるのでそれに追記する)

vendor

参考サイト

新規Railsプロジェクトの作成手順まとめ - Qiita https://qiita.com/yuitnnn/items/b45bba658d86eabdbb26


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-06 (日) 12:43:53 (73d)