Jenkins

事前準備(Slackの設定)

  1. SlackでJenkinsの通知を受け取るチャンネルを選択する
  2. チャンネルのプルダウンより、「Add an app or custom integration」を選択する
  3. 検索窓にて「jenkins」と入力し、「Jenkins CI」を選択する
  4. 「Install」ボタンをクリックする
    1. 「Post to Channel」にてJenkinsの結果を通知するチャンネルを選択する
    2. 「Add Jenkins CI integration」ボタンをクリックする
    3. 「Team Domain」と「Integration Token」をメモする
  5. 「Save Settings」ボタンをクリックする

プラグインのインストール

  1. 「Jenkinsの管理」リンクをクリックする
  2. 「プラグインの管理」リンクをクリックする
  3. 「利用可能」タブをクリックして、「フィルター」に「slack」 を入力する
  4. 「Slack Notification Plugin」にチェックを入れて「再起動せずにインストール」ボタンをクリックする
  5. 「成功」と表示されればインストール完了

slackの連携設定

  1. 「Jenkinsの管理」リンクをクリックする
  2. 「システム設定」リンクをクリックする
  3. 「Global Slack Notifier Settings」で事前準備で取得した「Team Domain」と「Integration Token」を入力する
    1. 「Channel」は未入力で良い
  4. 「Test Connection」ボタンをクリックして、「Success」と表示されたあとにSlackに通知がくることを確認する
  5. 「保存」ボタンをクリックする

ジョブの設定

  1. 対象のジョブのリンクをクリックして、「設定」を開く
  2. 「Slack Notifications」にて必要な箇所にチェックを入れる
  3. 「ビルド後の処理の追加」ボタンをクリックする
    1. 「Slack Notifications」を選択する
  4. 「保存」ボタンをクリックする

テスト

ジョブを実行してSlackに通知されるか確認する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-06 (水) 16:21:45 (1203d)