Apache


Server-Statusとは

「Server-Status」とはリアルタイムでサーバーの稼働状況をWebページ上で表示させて調査する機能です。

設定

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

ExtendedStatus On
<Location /server-status>
    SetHandler server-status
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 許可元IPアドレス localhost
</Location>
service httpd configtest
service httpd reload

以上で、ブラウザにてServer-Statusの画面が確認可能です。

確認

http://サーバーアドレス/server-status


●秒毎に更新して確認

http://サーバーアドレス/server-status?refresh=●


Server-Statusの画面を簡易表示

http://サーバーアドレス/server-status?auto


Server-Statusの画面をログに残す

httpd.confでServer-Statusのアクセス元に「localhost」を指定していることを確認。

※上記設定を参照
下記スクリプトをcronで実行させる。
今回は毎分保存で、1日ごとに更新。→前日のは当日のデータに上書きされる。

vi /home/ユーザー名/server-status.sh
 #!/bin/sh

var01=`/bin/date '+%R'`

wget -q -O - http://127.0.0.1/server-status/ > /var/www/html/server-status/$var01.html
chmod +x server-status.sh
*/1 * * * * /home/hogeuser/server-status.sh

apacheのhtaccessなどで保存先ディレクトリへのアクセスを制限する。

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
<Directory /var/www/html/server-status/>
AllowOverRide All
</Directory>
vi /var/www/html/server-status/.htaccess
Order deny,allow
Deny from All
Allow from 許可元IPアドレス

これで、「http://サーバーアドレス/server-status/●●:●●.html」で確認が出来るようになります。





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-07 (水) 10:57:43 (3103d)