Zabbix

概要

messagesやApacheのerrorログなどに出力されるエラーから、Zabbixで検知したい場合に使用します。
Zabbixバージョン:2.2

監視対象サーバー:Zabbix agentが導入されている前提

# vim /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
---
ServerActive=監視サーバーのIPアドレス
---

監視サーバー

テンプレート作成

Template画面で「Template Log Check」という名前のテンプレートを作成。

アイテム作成

名前:httpd_error_log ※なんでも良い。
タイプ:Zabbixエージェント(アクティブ)
キー:log["/var/log/httpd/error_log"]
データ型:ログ
更新間隔:60

保存

トリガー作成

名前:HTTP ErrorLog Check(Segmentation fault)
条件式:(({Template Log Check:log["/var/log/httpd/error_log"].iregexp(Segmentation fault)})#0)
※iregexpのあとのカッコの中に文言を書く。スペースあってもOK。「|」で区切れば複数可能。
障害イベントを継続して生成:チェックあり

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-15 (金) 15:20:49 (2184d)