このエントリーをはてなブックマークに追加

MySQLのバックアップとリストア(復元)方法

MySQL


全データベースのバックアップ/リストア(復元)

MySQLのデータをバックアップするには下記コマンドを入力します。

# mysqldump -u root -p -x --all-databases > dump.sql
これで全部のデータベースがバックアップ可能です。
-xで全テーブルをロックします。
テーブルをロックしない場合は--single-transactionをオプションで指定します。
--all-databases でも-Aでも同じ意味です。


データベースのバックアップをリストア(復元)する

# mysql -u root -p < dump.sql 

特定のデータベースのみのバックアップ

# mysqldump -u root データベース名 > dump.sql

特定データベースのみのリストア(復元)

# mysql -u root データベース名 < dump.sql

特定のデータベースのみのバックアップをリストア(復元)する

# mysql -u root -p リストア先のDB名 < バックアップしたSQLデータ
dump時に-BつけるとCREATE DB文が発行されるので付けないほうが良い。
別名ではall-databasesで取得したdumpファイルからはリストアできないので注意。
allで取得したファイルからリストアさせたい場合は、dumpファイルのCREATEを書き換える必要があります。

mysqldump --all-databasesで全データベースを取得している場合

# mysql -u root -p --one-database DB名 < バックアップしたSQLデータ
http://nippondanji.blogspot.jp/2009/12/mysqldumpawk.html

特定のテーブルのみのバックアップ/リストア(復元)

バックアップ

# mysqldump -u root -p データベース名 --tables テーブル名 > dump_testtbl.sql


リストア(復元)

# mysql -u root -p データベース名 < dump_testtbl.sql

特定のテーブルのみ除外してバックアップ

--ignore-table=db_name.table_name
上記オプションを使用する。

例: mysqldump -u root -p -A --ignore-table=myql.user > mysqldump.sql

複数のデータベースをバックアップする

# mysqldump -u root -p -v -B testdb1 testdb2 > testdb1_2.sql

-B をつけると複数データベースを取得可能
-B をつけないと最初のデータベース名の後はテーブルとして解釈されるので注意
-B をつけるとCREATE DB文が発行されるのでリストアする際に注意。別名でリストアする場合はsql文のUSEや IF NOT EXSISTSの部分を--でコメントアウトする

文字コード指定してバックアップ/リストア(復元)

# mysqldump -u root -p -x --all-databases --default-character-set=utf8 > /root/mysqldump20120829.sql


# mysql -u root -p --default-character-set=utf8 < mysqldump20120829.sql


rootでパスワードを設定している場合は、各コマンドでrootの後に「-p」を入力します。
そうするとパスワードの入力が求められますので、パスワードを入力するとコマンドが実行されます。

whereで条件を追加してdump(バックアップ)する(--where,-w)

mysqldump -u root -p DB名 テーブル名 --where "post_type != 'revision'" > mysqldump.sql

gzファイルを解凍しながらリストアする

zcat mysqldump.gz | mysql -u root -p

バックアップコマンド一覧

mysqldumpの結果をそのままtarで固める

 mysqldump -uDBユーザー DB名 -pDBパスワード | gzip > DB名.dump.sql.gz

tarで固めながらsshで大量にファイルを送る

/bin/tar cfvz - /backup/mysqldump_master_Tue.sql |/usr/bin/ssh ユーザー名@IPアドレス "/bin/cat '-' > ディレクトリ/mysqldump_master_Tue.sql.gz"

DBをdump取りながらgzipしてリモートサーバーへ送る

/usr/bin/mysqldump -uユーザー名 -pパスワード -x --all-databases | /bin/gzip | /usr/bin/ssh ユーザー名@IPアドレス '/bin/cat > ディレクトリ/mysqldump_Wed.sql.gz'

DBをdump取りながらgzipしてリモートサーバーへ送る Part2

DATE01=`date +\+w`
mysqldump -u ユーザー名 -pパスワード -x --all-databases | /bin/gzip | ssh ユーザー名@リモートホスト "/bin/cat > /リモートディレクトリ/リモートホスト/${DATE01}/mysqldump_${DATE01}.gz"