KVM仮想マシンのvirshで表示される名前変更

KVM


<name>の箇所を編集した場合、uuidが既に存在しているというエラーが表示されてしまう。

# virsh edit 仮想マシン名
エラー: operation failed: domain '仮想マシン名' is already defined with uuid febc046e-669c-afcb-3a59-f5f80c6bdcbc


再定義の手順

# uuidgen								<--新しいuuidを作成して、表示されたuuidをメモをする。
# virsh edit 仮想マシン名
<name>表示させたい名前</name>			<--表示させたい名前に変更する。
<uuid>上でメモしたuuid</uuid>			<--上でメモしたuuidへ書き換える。
:wq

# virsh define /etc/libvirt/qemu/仮想マシン名.xml	<--再定義する。
# virsh list --all									<--新しい名称と古い名称の仮想マシンが表示される。
# virsh start 新しい仮想マシン名		<--新しい仮想マシン名で起動して、正常に動作することを確認する。
# virsh undefine 古い仮想マシン名		<--古い仮想マシン名を定義を解除する。