KVMのゲストOS(Linux)にコンソールログインするための設定

KVM

説明

KVMホストマシンからゲストマシンへコンソールで接続する手順です。

手順1:再起動が必要

(1) /etc/grub.conf にカーネルオプションを追加設定

kernel /vmlinuz-2.6.18-238.el6 ro root=/dev/***   console=tty0 console=ttyS0,115200n8
(kernel で始まる行の最後にcosole以降の部分を追加、kernel で始まる行が複数ある場合は全てに設定)


(2) /etc/inittab にコンソールモードの設定を追加

S0:12345:respawn:/sbin/agetty ttyS0 115200


これで再起動後に、改めてホストOSから virsh console XXXX でコンソールログインが可能になります。
なお、コンソールから抜けるには CTRL+] です。


参考URL:http://dotnsf.blog.jp/archives/980512.html

手順2:再起動不要(CentOS6系)

# cd /etc/
# cp -p grub.conf grub.conf.`date +%Y%m%d`
〜
kernel /vmlinuz-2.6.18-238.el6 ro root=/dev/***   console=tty0 console=ttyS0,115200n8
# cp -p securetty securetty.`date +%Y%m%d`
# vi /etc/securetty
ttyS0 <--追加
# initctl list
serial stop/waiting <-- 停止している
# initctl start serial DEV=ttyS0 SPEED=115200
serial (ttyS0) start/running, process 1644 
virsh # console 仮想マシンId

手順3:再起動不要(CentOS5系)

# vi /etc/securetty
ttyS0 <--追加
# vi /etc/inittab
S0:12345:respawn:/sbin/agetty ttyS0 115200
# telinit q  <--即時反映
virsh # console 仮想マシンId


参考URL:http://lab.unicast.ne.jp/2013/02/15/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A7%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%88/